Showさんのおもちゃ箱

Sort by 01 2008

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 色紙  

手形色紙

貴重な手形色紙を披露しちゃいます。


mihaeru.jpg






ralf.jpg





スポンサーサイト
Category: ワーゲンいじり  

ワーゲン ディストリビュータ交換

さて、便利な世の中です。
昨日の午後注文したら今日の朝には頼んだものが届きました。
パソコンでポチッとやっただけで荷物が届くんですよ。
一万円以上のお買い物では送料、手数料がサービスですって。


頼んだのはディストリビュータとバッテリーです。

それでは寝起きのデスビ交換作業のレポートでもしますか。

始める前はデスビがきつくてはずすのに苦労するのかと思いましたが
さほど難しい作業ではありませんでした。



届いたのがこれです。

de1.jpg

遠心式進角ですのでダイヤフラムが有りませんね。



必要な工具は10mmと13mmのソケットレンチ
タイミングライト等です。

まずデスビを取り外す前に一番シリンダーの点火タイミングに合わせておきます。
デスビキャップをはずしてローターの位置を確認します。
ローターの位置が確認できればどこに合わせてもいいんでしょうけど。
(写真では上死点って書いちゃったけど点火タイミングね)

新たに取り付けるデスビもキャップをはずしてローターの位置を揃えておきます。

おっと忘れてはいけません。
バッテリーターミナルを外しておきましょう。


写真では既にデスビ本体が取り外してありますが、
デスビ本体を固定するクランプの10mmのナットを緩めます。
13mmのナットも緩めるべきなのでしょうが手が入りにくかったのでそのまま行いました。

de2.jpg

de3.jpg


配管、配線をはずしたらぐりぐり引っこ抜きましょう。
外すのに苦労するかと思ったけど以外とあっけなく外れました。

あとは新しいのを差し込むだけです。
これもまたぐりぐり差し込みますがOリングがありますからこちらのほうが大変でした。
また、差し込み始めるとスプラインは見えませんから
きちんと最後まで入るようにローターを少しずつ回し確認しながら行いましょう。

de4.jpg

点火タイミングをおおよその位置に合わせます。
バッテリーターミナルを繋いで、
ポイントを見ながらクランクを回せばパチッと火花が飛ぶのが見えます。

でもShow さんはローターが固くて外し難かったので勘でこの辺かなと合わせました。

イグニッションキーを捻ってエンジンをかけてみましょう。
点火タイミングが正確ではないのでちょっとエンジンが掛かり難いですが、何とか回りましたね。
そのあとに改めてタイミングライトを使って正規の位置に合わせます。
今度は調子よくエンジンが回ります。

最後に不要になった、キャブレターのバキュームの吸い口をふさいでおきましょう。

さて試運転
走り回った感じは良いですね。
多分今までよりも点火時期は合ってるんでしょう。
バキューム式でも遠心式でもホントの最適な点火タイミングになっているかといえばそうでは無いと思います。
昔の車はセンサーなんか使ってませんからね。
フィーリングの話で恐縮ですがバキューム式は進角が遅めで遠心式はそれよりかは早めかな。
ですので吹けあがりは遠心式の方が良いような気がします。
別にノッキングもありません。

それで問題はエンジンが冷たい時の調子と温間時の始動性はどうなのよということですが、冷たいときは良くわかりません。

今のところは良いみたいですが、もう少し様子を見て判断ですね。
今日はもう温まってしまいましたから。
明日の朝もう一度確認ですね。

温間時の始動性はというと今までと変わりませんでした。

まあ、前からやってみたかったことやったんだからいいや。


Category: ポルシェ  

ナローポルシェのタイヤ

タイヤ交換しましたよ。
ひび入ってるままでは怖いですものね。
先日車検整備が完了して家まで乗って帰るときからタイヤ交換するまで恐る恐る運転です。
ホイールは15インチ6Jですので
BS RE-01 195/60
というチョイスとなりました。
ミハエルと浜島さんがShowさんのためにF1で開発してくれました。

現代の基準からするとスポーツカーなのにとっても普通のサイズですね。
さすがナローポルシェです。
迫力はありませんがこのくらいが控えめな感じでちょうどいいんでしょうね。

porsche13.jpg

ポルシェではRRという特異なエンジンレイアウトとなり殊にリアタイヤの剛性が要求されるようです。
最近出回っているタイヤの中ではどうしてもナローポルシェにはちょうど良いのが無いらしいです。

それでもこれで安心して乗ることが出来ます。
次交換するときもきっと山が磨耗して交換ではなく、ヒビが入って交換になるんでしょうね。
10年くらいは持つかな。


Category: ワーゲン  

すねるなよ

ポルシェのタイヤも交換したことだしこれで安心して車に乗れますね。

なんて実はもうひとつふたつ気になることがあるんです。
それはね。
忘れてはいけません。もう一台やっかいもんがいたんですね。

tmn.jpg

そう、ワーゲンちゃんです。

最近では以前より車に乗る機会が減ってきてましてワーゲンはかまって貰えませんでした。

すねたんですかね。

バッテリーが虫の息なんです。
充電してみたけどやっぱり死期が近いようです。

それと、これは以前からのことですが寒い日には1・2発爆発をサボるやつがいるんです。エンジンが温まってくると4発ともちゃんと爆発するんですけどね。
前にプラグを交換したら調子よくなってこれで解決と思っていたのですが、そりゃプラグ変えて調子よくなってもね。そう何キロも乗らないうちに同じ状態になってしまうのでは完全な解決ではありませんね。

何でもオリジナルのバキューム式進角のディストリビュータは3番シリンダーの点火タイミングが最適ではないらしい。

一方、遠心式のディストリビュータではそれが最適化されているのだそうです。
もうひとつ、一度温まったエンジンの再始動がどうも困難なんです。
そんなわけで調子よくなるかわからないけどディスビ交換してみましょうということで、
バッテリーと一緒に注文しちゃいました。




Category: ポルシェ  

どげんかせんといかん

ポルシェ車検終了

先週の金曜日には車検から戻ってきました。
ミクスチャーの調整によりエンジンの調子もよくなったようです。
それとシフトブッシュの交換で今までよりもシャキっとしました。
交換するとやっぱ違うね。

金額的にも驚くようなものではありませんでした。

よしっ!これで安心して乗れるぞ。
と思ったら、

「タイヤ交換したほうが良いね、何かあってからじゃ遅いからね。」
実は自分でも気付いていました。
左リアのタイヤ側面にひび割れがあるのを。
タイヤの山はあるのでまだ良いかなと思っていました。
でも、
「他のタイヤもひび入ってるよ」
だって。
よくみたら他もあちゃちゃです。

今まで自分でまだいいやと勝手に思い込んでいたので気にしないでいたけど、富田君から言われるととっても危険に思えてきます。
なんか怖くて乗る気がしなくなります。
タイヤ交換かぁ。

どげんかせんといかん。

tire.jpg

tire2.jpg







Category: カッコいい  

仮面ライダー本郷猛は改造人間である

仮面ライダー本郷猛は改造人間である。

彼を改造したショッカーは、世界征服を企む悪の秘密結社である。

仮面ライダーは人間の自由のために、ショッカーと闘うのだ!





 

Category: 日記  

みかん

みなさんはみかんをどう食べますか?

mikan.jpg

みかんを選ぶ
どうでしょう?
みかんがたくさん入ったかごの中からどんなみかんを選びますか?
まず見たところ表面がパンパンに張っていて硬いのよりある程度ふっくらしていて皮と中の実が容易にはがれて剥きやすそうなのが良いですよね。
場合によっては実が少ししなびている事もありますが。
ところがここでひとつ問題があります。
自分のみかんの選び方を信じてこればかり忠実に実行していると、
もし、そのかごのみかんを最終的に全部自分で食べることになった場合は最後は納得のいかないものが残ってしまいます。
それを考慮に入れてみかんを選定しましょう。

それではみかんの皮を剥いて見ますか。
さて、人それぞれでしょうが、どこから剥くかという選択があります。
これは初めてみかんを食べる人以外はすでに習慣になっているから迷うことはないでしょうが、
Showさんはもちろんヘタのあるところからです。
くぼんだ底の部分は皮と実が密着していて剥きにくいと思っているからです。
もしここに親指を突きたてた場合には実まで潰してしまいそうになります。
へたのあたりは幾分内部に空間もあり実を潰してしまうこともありません。
それにうまくいくと白いスジが上手に取れる可能性もあります。

皮を剥いたらあとは半分に割って口の中に放り込む人がいますが、Showさんにはまずありえません。
これでは一つひとつの房の表情を見ることが出来ません。
中にはふたつの房のように見えて実は変な形でつながっている、ひとかたまりなんてのがね。

だいたいこういう食べ方をする人は無神経な人のように思えてなりません。

まだまだするべきことが残っています。
ひと房取り外して重要な判断をしなければなりません。
それはその房のふくろが厚いか薄いかを見極めます。
Showさんはこのふくろが極端に薄いものが好みです。
房をはずしたとき薄いものはふくろが裂けることがあります。
このくらいのものが良いんです。
ふくろが厚くおまけに種まではいっていた場合はがっかりしてしまいます。

そして重要な作業です。
スジを丁寧に取り除かなければいけません。

そのスジには食物繊維が豊富だから食べるべきだという人がいますが、そんなの食ってもうまくありません。
気持ち悪いだけです。

それでは、つるつるになったひと房を口に入れてみましょう。
そして咀嚼。
ここでもう一度確認作業です。
それはその房の袋が飲み込んでも大丈夫か?ということです。
厚いふくろの場合、噛んでいると口の中に残ってしまいます。
これはいけません。
気持ち悪くなってしまいます。
こういう場合はぺっと吐き出してしまいます。
そういうことが出来る場所でのことですが。
無理なら飲み込みます。

もちろんこの時点からみかんの味覚を堪能するわけです。
Showさんの好みにあったみかんならこれは至福のひと時となります。


アメリカのやつ日本人にオレンジを無理やり食べさせようとした時期があったけどオレンジはみかんにはかなわないと思います。

みかん万歳!


何を長々と語っているのでしょうか?
ただのみかんで。





Category: ポルシェ  

ポルシェ車検

またしても車検の時期がやってきました。
早いものですね。
たいして乗ってないのにね。
そんなわけで車検整備に持って行きました。

porsche11.jpg


先日来のエンジン不調もそのままなのでちょうど良いタイミングです。
前回はボロのプラグキャップを転がっていたものと交換してもらっただけなのでよくは診てませんでした。
ちょっと一回り乗ってもらったらやはりその症状が現れたようです。
中間加速時のミクスチャーが薄いらしい。
メカポンプも一度調整したからといってずーっとそのままで良いわけではなく当然機械ですからコンディションも変化するし季節によっても調子は変わるものです。
といわれました。
とにかく調子よくなってくれれば良いです。
あとは、シフトリンケージのブッシュが逝ってるといわれました。
これはよくあることのようです。
まあ、自分でもなんとなく気付いてはいましたが。


porsche12.jpg



Category: 日記  

City Lights

「街の灯」といえばお馴染みチャップリンの映画ですね。

盲目の娘の手術費用を稼ぐために拳闘をする場面です。




この映画、最後目の見えるようになった娘との再会のシーンが印象的でしたが、こんな炸裂した拳闘の場面もあったんでしたね。



そしたらそのエンディングのシーンも





いいのかYOU TUBE






Category: 日記  

The Kid

最近テレビで観た映画です。
チャップリンってやっぱいいねえ。

「The Kid」

ホントにこのガキはワリー野郎だ!

オメーかこのガキの親は!




それにしてもこの子はかわいいですね。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。