Showさんのおもちゃ箱

Sort by 04 2007

Category: テクノロジー  

失敗することは良くある

上手に出来てどうよ。これ!って具合にしたいとは思ってるんですけどね。
それでも、2ピストン形スターリングエンジンここまで作るのに結構頑張ったんでちょっと載せてしまいましょう。

あくまでも失敗作ですから。

旋盤はあるけどフライス盤が無いので随分苦労しました。
例えば、アルミの板に穴開けて必要な大きさにするにはヤスリでひたすら広げるしかないんです。
しかも狙った位置に開かなかったりして広げていくうちにどんどんイビツになっていきます。

材料はアルミと真鍮の棒です。
こんなものも調べれば売ってるところもあるものです。
あとアルミの板です。
metalstick.jpg

大体出来たパーツです。
希望のサイズにカットした注射器も手に入ります。
丸い部品は旋盤で削って作りました。
part.jpg


そしてこれが以前作って失敗したポンポン船とツーショットです。
因みにこのポンポン船は後ろが重くて後ろから真っ直ぐタイタニックです。
failure.jpg


今回の失敗の原因は高温側のヒートキャップの肉厚を厚くしすぎたせいと高温側と低温側を断熱せずに取り付けてしまったせいで全体が均一に熱くなってしまい温度差が出来なかったようです。

バーナーでガンガン炙ったら高温側のピストンが割れてしまいました。


まあ。何事もやってみないとね。


スターリングテクノラリーってのがあるんですよ。



Category: ワーゲン  

オイルプレッシャースイッチ

ワーゲンのミッション交換してもらったときにエンジンのクリーニングもしてもらいました。
今まで結構オイルで汚れていました。
きれいになったエンジンルームではオイル染みが出来ていると発生源も含めて良く目立ちます。


オイルプレッシャースイッチの下にオイル染みが出来ていました。
oil-pressure-switch.jpg
樹脂と金属のカシメのあたりが怪しいようです。

そう高い部品では無いのでこの際交換してもらいました。
これは稟議会議は無しです。


Category: ワーゲン  

ワーゲン退院

ワーゲンのトランスミッションの交換が終わりました。

リビルトだけどギアの歯が一枚一枚かみ合ってる感じが伝わってきます。
シフトカプラーも交換しましたので、あのグニャグニャした感じが全くありません。
ワーゲンのくせにシフトがカチカチ決まるんです。
逆にかたいくらいです。
もう少し距離を走ってブレークインしてやれば馴染んでくると思います。

それにしてもいいなあ。
車は部品が調子悪くなっても交換すればまた調子を取り戻すんだもの。


Showさんなんか背中が痛いぜ。


高見盛



air2.jpg

写真の意味は特にありません。




Category: ポルシェいじり  

アルミパーツ

兄のポルシェのウィンカー&ワイパーのレバーのつまみ(樹脂製)が紫外線や経年変化でグズグズになっていました。

最近Showさん旋盤の人ですから練習にレバーを作ってみました。あんまり上手には出来ませんでしたが、取り付けて行きましたよ。


Φ10mmのアルミ棒で作ってみました。
lever.jpg

leverofaluminum.jpg








Category: 日記  

近所

ご近所散歩してて見つけました。

スバル360
car.jpg

とっても小さいですね。
隣のクラウンが大きいのかな。



ところで竹欲しい方いらっしゃいますか?
自動車を使用しても良いです。
・・・・・って山口さんが言ってます。
出来れば根元から切ってくれって赤い字で書いてあります。

立派な看板が立ってました。


bamboo.jpg



Category: ポルシェ  

ポルシェのオイル交換

今日は久しぶりに富田君のところに行ってきました。

実はポルシェのオイル交換をしてきました。

ポルシェっていうクルマは毎日乗るような感じではないので、走行距離もそれ程は伸びません。ですので前回オイル交換を行ってからもう少しで一年になろうとしていました。

そんなんでいいのかいShow さん。

で、皆さんどうしてるのか富田君に聞いてみました。
半年に一回か3,000キロかどちらか早いほうですって。


前回はMOTUL 4100 POWER 15W50でしたが、今回入は、MOTUL MULTIPOWER 15W50です。
こちらのほうが断然安価です。まあ安いオイルだからって壊れることは無いでしょう。何しろ10リッターくらい入りますので。

ついでに最近温間時のエンジンの掛かりが悪いのでそちらも診てもらいました。
ポルシェのメカポンプって難しいのよね。

あっ。そうそう先日こしらえたシフトノブ、装着してから今日始めてそれで運転してみました。

なんかあ、あんまり使い易くない。
変に指に当たるところがあるみたいです。




記念に富田君ところの写真撮って来ました。

factory.jpg

富田君ってShowさんの高校の時のクラスメイトなんです。





Category: ポルシェいじり  

アルミシフトノブ

今日の一時間目は技術家庭科です。
先生がお休みですので自習となります。
そこでShowさんは旋盤の練習です。

ウィーン。キュルキュルってね。

出来た!

shiftknob1.jpg

どうですか?

う~ん。
街のカー用品店で買ったほうがいいみたい。


でもね。
朝からずーとやっててやっと出来たんです。
一生懸命やって出来た一点ものです。
50mmのアルミ丸棒から削りだして作ったんです。

最初イメージしてたのとはちょっと違ってますけど、まあまあ納得です。


それで早速ポルシェに装着してみました。

おお。なかなかいいではないか。
Showさん好みに細身に仕上げてみました。
これでノブがぐるぐる回ることもありません。

shiftknob.jpg

気づいたらもう4時過ぎてるんですね。
旋盤も大分慣れてきました。


ENZOさん70,000円です。


そういえば、
中学三年生の時、朝から美術の授業があったんだけど、そのとき七宝焼きやってて面白くなって次の英語の時間サボって七宝焼き続けてたのを思い出しました。








Category: ポルシェいじり  

シフトノブ

Showさんついに旋盤を購入しまして、練習がてら何か削ってみようかな?なんて考えていたんです。

そこへENZOさんがシフトノブなんてことをおっしゃったものだから、おお、それでは試しにポルシェのシフトノブでも作ってみようじゃありませんか。ってことになったんです。

それでシャフトの径はどうなのかとか、ネジは切ってあるのかなんてことを調べてみました。


今付いてるのはこんなのね。

シフトノブ
 
外してみました。
するとどうでしょう。割れてるじゃん!
道理でぐるぐる回ってしまうわけです。

くるくる

シャフト径15mmでネジは切ってありません。
おお。これなら作りやすいぞ。
何だか俄然工作意欲が湧いてきました。

でもね13mmを超えるとドリルの刃は高いのよね。
またしても稟議会議です。
欲しいバイトを買ったりドリルの刃を買ったりしてるうちに出費が嵩んでしまいます。

なにやら危険な世界に足を突っ込んでしまったようです。

因みに出来上がったらシフトノブ1個70,000円で販売いたします。

おお、高ぇ。




Category: 日記  

卓上旋盤

卓上旋盤が届いた。


sennbann.jpg
Showさんにしては、ちょっと高い買い物です。
旋盤にしては小型ですけど。
だいたい3000円以上の買い物は自分の中で稟議会議が開かれます。
上手に使いこなせなかったら宝の持ち腐れになってしまいます。少しプレッシャーです。

これでスチームエンジンや2ピストン形のスターリングエンジンなどを作れたら嬉しいです。


ところで、先週の土曜日から実はワーゲンちゃん入院してます。

それはね。トランスミッションが届いたんです。
いよいよミッション交換です。
このトランスミッション、ダンボール箱で梱包されていましたが、
本日届いた旋盤は木箱で梱包されていました。

だから、何だい?
いえ。別に・・。



Category: テクノロジー  

メタルフライとメタルウ○コ

また変なものを作ってみました。


鉄などの強磁性体の温度を上げて行くと、ある温度に達した時、磁性が無くなるんですって。

このときの温度が770℃で「キュリー温度」というんだそうです。
この特性を利用したおもちゃが「ローソク・チンチン」というおもちゃで知られているそうです。


そこでShowさんの作ったのがこちら
メタルフライとメタルウ○コ
metalfly-metalunko.jpg

どうですか?
30年ぶりくらいに思いっきりウ○コを作ってみました。
意外と、このとぐろを巻いた姿を作るのが難しいですね。特に一番上が難しいんです。
あまり工作が上手でリアルに作りすぎてしまうと、ほ~、Showさんのウ○コはそういうのかと思われてしまうので気を使いました。

ところでこの漫画チックなトグロを巻いたウ○コって見たことありますか?
Showさんは一度だけ子供のときに立派なトグロを巻いたのを見たことがあります。

すいません。こんな話で。

そういえば、
子供の時友達と近所の家の玄関先に粘土で作ったウ○コをそっと置いてきて塀の影から観察したのを思い出しました。

もひとつ
子供の頃はよく爆竹で遊んだものです。


ど~もすいません。


実際動かすときはこんな感じです。
ooi-ocha.jpg


2本の触覚の間隔や磁石との距離とか調整が必要です。









くそ!折角のテクノロジーなのに動作が地味なのとウ○コの話でインパクトが少ないなあ。







12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >