Showさんのおもちゃ箱

Sort by 02 2007

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  

松葉牡丹

先日あるところから頂いた松葉牡丹の種です。

matubabotan.jpg

今日はこの種をまきました。
この蒔き方で良いのかよくわかりませんが。

tanemaki.jpg

うまく行けば8月ころには花が咲く予定です。
写真のような綺麗な花が咲いてくれたら嬉しいな。

ネタのタネ蒔きでした。




スポンサーサイト
Category: ワーゲン  

ボキッと

昨日のドアハンドルに続いてのお話です。

ウィンドウクランクハンドルです。

rokunana.jpg

これもロクナナのみのパーツになります。
Showさんがこのクルマを買ったときにはそれ以前まで使っていたタイプのクランクハンドルがついていました。

それで今ついているのは、
第一回のオートモビルフェスティバルの時にゲットしてきました。

買ったときは別にすぐ取り付けるつもりもありませんでした。
オリジナルのパーツを持っているのはなんとなく嬉しいではありませんか。

ところがまもなくの、ある日のことです。
普通に、開いてた窓を閉めようとしたらクランクハンドルが、

ボキッと折れてしまいました。
多分リプロ品だと思いますけど。

broken.jpg


仕方無いのでというか、都合よくというか、交換することになったんです。

これ交換するのって結構大変でした。
ドアパネルの向こうからバネでこっちに押し付けてるんですね。
それにハンドルの固定はピンを刺すんですよ。

ちょっと説明しづらいけどそういう訳でオリジナルパーツがついてます。



Category: ワーゲン  

ロクナナの証

ちょっとご無沙汰しておりました。
ッペさんばっかり見ているのも嫌ですよね。

Showさんのワーゲンは1967年式でロクナナと呼ばれているモデルであります。
この年式のワーゲンでは、その前年とも後年とも違う、たった一年限りのパーツが使われていることで知られております。

そのパーツの代表がリアのダブルバンパー、フロントフェンダー、リアフード、ドアハンドルだったりします。

それで今回はドアハンドルの話です。

P41808922.jpg

このドアハンドル、殆どの場合ロック機構に不具合を抱えているそうです。

って本には書いてあります。

Showさんのワーゲンも漏れなく調子悪いです。
ただロックが掛けられないとか、鍵が開かないとかいうことは、とりあえずありません。
その代わりロックするにはコツがいります。







片方の手でシリンダー部分をしっかり押さえながらキーを回します。

ちょっと不便だし壊れているんでホントは良くないのでしょうが、これがロクナナのたった一年しか使われなかったパーツの正しい姿なので、実はお気に入りなんです。

おー。本に書いてあるとおりじゃん。

因みにこれの修理の方法はこちらに詳しく書かれております。

いつかは自分で修理してみようかな。

Category: 日記  

だって彼女はe-TAX

ベッキーちゃんに会えるかなあ?と思っていましたが会えるわけはありません。

だって彼女はe-TAXだもん。

徳川埋蔵金?の件で
昨日、Showさんも生まれて始めての確定申告に行って参りました。


っぺ
写真は何の関係もありません。

Category: 日記  

赤い疑惑

赤い迷路の再放送が終了し昨夜から始まった赤い疑惑。
ついこの前まで宇津井健が百恵ちゃんのこと明子と呼んでいたのに、もう幸子と呼んでいる。どうなってるんだ。






Category: ワーゲン  

TMN 946

tmn946.jpg
これShowさんのワーゲンがお店でFor Saleの時にクルマについていたカリフォルニアのナンバープレートなんです。

今は日本でShowさんの所にありますがその前はカリフォルニアにあったんですね。

今でもこれを部屋に飾ってあるんです。

無理やり写真に嵌めてみました。
tmn.jpg

Showさんがブログ更新していないにもかかわらずコメントをたくさん頂いておりますので、何か記事書かなきゃと思って載せてみました。

Category: くるま  

いい調子

先日のFIATが車検,メンテでお世話になった亀井自動車さんで見かけた車です。

Showさんはあまり詳しくないので間違っていたらごめんなさいです。

Mercedes-Benz 170 V だと思います。

benz.jpg

ドアなんか後ろヒンジです。エンジンフードも左右からホニャっと開けます。

benz1.jpg

配線をやり直したり、エンジンマウントを自作したり、エンジンもディーゼルに改造してあるそうです。

1930年代から1940年代のクルマだと思います。

その頃の日本といえば、人々はちょんまげを結っていて、腰には刀をさしていた頃です。

悪代官様と越○屋の間では、とっても重たいもなかの受け渡しが行われていて「おぬしもワルよのう。」
そんな会話があった頃です。

お城の屋根裏では忍者が忍び込んでいて。

一方城下町では遊び人の金さんが投げ銭をくらっていた頃です。

峠の茶屋では御老公一行が乱暴者に絡まれていた娘さんを助けて乱暴者から「おい!じじい。何しやがる!」
そんなやりとりをしていた頃です。


あれ?何の話だ。
すいません調子に乗りました。

これから車検に持っていくということで皆さん一生懸命に働いておりました。


そしてこんなプレートが貼ってありました。

benz2.jpg
ウエスタン自動車株式会社とはヤナセグループの一社で、実質的にはヤナセそのものらしいです。

それにしてもウエスタンとはハイカラですね。

ウエスタンといえば荒野の決闘ですよね。
風がビューっと吹いてきて変な植物が風でころころ転がってる。
しばらくして
「パーン。」
そして
「パーン。」
向こうのほうからは馬の蹄の音がこちらにやってきます。
「ヒヒ~ン。」


すいません。調子に乗りました。




Category: くるま  

イタリアのひまわり

Showさんにとって初めての体験 FIAT500Fであります。
今まで乗った車の中で一番小さいかな?

ナンバープレートが異様に大きく見えます。
fiat500.jpg

これでも自動車ですからガソリンを入れたりします。
kyuuyu.jpg

給油はワーゲン同様フロントのフードの中にあります。
フードをガバっと開けて給油です。
kyuuyu1.jpg

NEWビートルと比べるとこんな大きさです。
himawari.jpg

エンジンはこんな感じね
2気筒しかありません。ちょっと笑っちゃいます。
air2.jpg

意外にもこれ乗りやすいですよ。発進でもクラッチミートに気を使うことはありません。普通に乗れます。ただ2速3速とシフトアップしていくと(というよりシフトアップしているうちに)、周りの車にどんどん追い抜かれていきます。
Showさんはこれ初めて乗ったから慣れていませんが、ノンシンクロのギアチェンジに慣れれば普通に普段から乗れそうな気がしました。

この車に乗っていて信号待ちなんかしてたら子供に指差されて笑われそうです。
でもそれは望むところです。
快感です。

意外と良いですよ。楽しめます。

Category: 日記  

赤い迷路

赤い迷路って見たことありますか。
最近、TBSチャンネルで放送しております。
1974年に放映されたテレビドラマですね。
showさんは当時見た記憶がありません。
それで最近見ているんです。
もちろん百恵ちゃんが見たくて見ているんですけど、その他の出演者もみんな大御所です。
出演者は
宇津井健
山口百恵
長山藍子
松田優作
中野良子
松田優作も出ていたんですね。それにしても宇津井健はなんでいつも目が血走っているのでしょうか。

周りの人間がみんな襲われたり容疑者になったり体長不良になったり何しろ大変なんです。

この物語何か大事なことを忘れているような気がしてなりません。
それでもいいんです。百恵ちゃんがお目当てですから。

因みに三浦友和は出てきません。

Showさんも今慌てて記事書いてみました。
コメントが止まらないのです。
支離滅裂な記事ですけどゆるしてちょんまげ。

Category: テクノロジー  

浮いた?

最近あまり使われなくなった黒いゴミ袋を、三つ繋げてみました。
中の空気が暖められると浮力がついて浮き上がります。

ホントはこれ風が強くてゴミが風に舞っているだけともいえます。
もう少し浮力があればもっといいんですけどね。
なにぶん3枚しか家にありませんでしたので。




1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。