Showさんのおもちゃ箱

Sort by モーターサイクル

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: モーターサイクル  

CBX250RS フロントフォーク オイル量

最近、CBX250RSのフロントフォークのオイル量を調べている方がいるようなので。

オイルリーク

CBX250RSのフロントフォークのオーバーホールをしようかな?なんて思ったときにオイラもやっぱりフォークオイルの量はどのくらいなのか調べてみましたよ。

どうやらATFオイル200ccのようですよ。

こんなpdfファイルを見つけました。

Hondaのバイク 大体解っちゃいますね。





スポンサーサイト
Category: モーターサイクル  

CBX250RS フロントフォーク交換

オークションでGETした中古のフロントフォーク
インナーチューブに点錆びがあるもののオイル漏れや歪みはないとのこと。
見た目は全体に汚いですけどね。
一方で点錆びは少ないもののオイル漏れの激しい現状。
見た目は比べれば綺麗ですが内部は錆びさびであることはわかっています。
これを、さてどうするか。
いいとこどりでオーバーホールして使うか、とりあえずGETしたのを錆を落としてそのまま使うか。
考えましたがとりあえずGETしたのを錆を落として使えるところまで使ってみましょう。

で、磨きましたよ。
インナーチューブを。
プツプツが出っ張ってなければ良しとしましょう。
ちなみにペーパーを掛けましたが縦ではなく横に磨くのが鉄則です。

フロントフォーク交換作業風景
作業

バイクをロープで吊って交換です。
思っていたほど難しい作業ではありませんでした。

だから
これなら今度オイル漏れが起こるまではそのまま乗ってればいいじゃんって思いましたね。
そのときオーバーホールは考えればね。

試運転してみましたがオイル漏れも無く今のところはいい感じです。

記念撮影

あ、そうそう一応中のスプリングも確認しておきました。錆びてないみたいでいい感じです。



Category: モーターサイクル  

CBX250RS ブレーキキャリパーオーバーホール 続き

はい、そんなわけで部品も揃って再び組み付けです。
部品

ちょいちょいと組み立てて
組み立て

またしてもフルードを入れて根気良くエア抜きをして。
根気良く

試運転に出かけようとしたところで荷物が届きました。
それは何かといいますと、
フロントフォークなのでした。
フロントフォーク

だってこんなんなんです。
オイルリーク

先日、ジーパンの右足に何か油汚れがあってなんだろうと思っていたらこれでした。
オイルが滲んでいるというレベルではなく飛び散ってます。
ダダ漏れなんです。
実はShowさんのバイクのフロントフォークはオイル漏れこそしていませんでしたが、中のスプリングがまっ茶ちゃに錆びているんです。
ヘタっちゃっててね。
ですから中のオイルは雨水なんじゃないかと思っていたんです。
見なかったことにしてたんです。
そこへ来てこのオイル漏れですから。
そこで中古のフロントフォークを手配した訳なんです。
さて、これをどうしようか。
そのまま錆を綺麗に落として取り付けるか、良さそうな部品を組み合わせてオーバーホールするか。


まあ、とにかく試運転ですな。
CBX250RS

ブレーキはこれで良しとしましょう。


Category: モーターサイクル  

CBX250RS ブレーキキャリパーオーバーホール

ブレーキキゃリパー

フロントブレーキのレバーを握るとたいした力を込めなくても簡単にグリップまでついてしまうのでフルードを交換をしてみましたがどうも今ひとつな感じでした。
そこで今度はキャリパーのオーバーホールを行ってみようと思います。
やはりそのまま放っておくわけにもいきませんものね。
そもそも購入時から若干ブレーキの引きずりがありましたがそのままにしていましたので丁度いい機会です。
キャリパーを分解して内部を綺麗にしておそらく駄目ダメになっているシールを交換すればよいのです。


オーバーホール
キャリパーを外してブレーキパッドまで外したところ

ブレーキをニギニギして油圧をかけてピストンを押し出します。
このフリーの状態でニギニギすればピストンが出てくるはずですが、どうも固着していたようで1mmくらい押し出されるとまた引っ込んでしまいます。

普通ディスクブレーキはパッドが減ればその分ピストンが出っ張って常に間隔を一定に保っているはずなのに、いちいちピストンが戻ってしまえばパッドが減った分隙間が出来てしまいますものね。
どうもこの辺が駄目ダメの原因のようです。
いじってるうちにピストンが動き出しました。

オーバーホール

二個あるピストンが同時に外れるように片方ずつ板など挟みながら行います。


オーバーホール
ピストンとシールが外れました。


オーバーホール
シリンダー内のシールの収まる溝には固まった鼻くそみたいなのがこびりついていますからしっかり落とします。
ピストンも綺麗に磨きました。

あとは新しいシールを嵌めて組み立てです。

ところが本日はここまでです。
実は注文しておいた部品が明日にならないと手元に届きません。
まあ、慌てずのんびりやります。





Category: モーターサイクル  

CBX250RS ブレーキフルード交換

なんかフロントブレーキの感じが変なんです。
レバーが簡単にグリップについてしまいます。
バイクを購入してから一度もブレーキフルードを交換しておりませんでしたし、フルードの交換で治ればいいんですが。
ということでまずはマスターシリンダ・リザーバータンクの蓋をはずすところからですが、これがネジの頭がナメ掛かっていて回せません。
インパクトドライバーを使っても回らないので仕方なくドリルで頭を揉んで取ってしまいました。
頭のなくなっったネジはハンドバイスで摘んだら外せました。


はい、これで準備OK


汚いです。


と、まあこんな感じでフルードを交換しました。

で症状は治ったのかと言えば、う~ん。変わんないです。

Category: モーターサイクル  

11月16日

とっても綺麗な青空。

101116-2.jpg


家にいてもタバコ吸いたくなるから出かけちゃお。

榛名湖に行けば紅葉が見られるかな。


途中綺麗な場所でパチリ。

101116-4.jpg



そういえば思い出しました。
天気予報によると本日の前橋の最高気温は12℃ってことでした。
榛名湖は標高1084メートルですから更に寒いんです。
寒さで身体が固くなってきます。
グローブしてても指先がかじかんで動かなくなってきました。
クラッチ操作するのが辛い。


鼻水がスーっと流れて後方に千切れていくのがわかりました。(このフレーズお気に入りです。)


101116-10.jpg



101116-9.jpg


冷え切った身体を缶コーヒーで温めて、タバコふかしたりしてね。

やっぱタバコ旨い。

駄目じゃん。

それに紅葉は。




Category: モーターサイクル  

CBR250Fと気分転換

埋蔵金もあるし消費税は上げませんと言ってたくせにタバコだけ税金を上げてとても騙された感いっぱいです。
ならばいっそのことやめてやると思ったものの一日で挫折です。
なんと意思の弱いことか。

パイポをちゅぱちゅぱやるのはこの歳にして赤ん坊のおしゃぶりと一緒でとても情けない気分なわけです。


1011111-1.jpg


それでも現在はなんとか二日で1箱のペースを保っております。

101106-2.jpg



話し変わってCBR250Fをしばらく好きに乗ってていいよと預かりました。
おお嬉しいじゃありませんか。


cbr250.jpg


このバイクも既に20年以上前のものですけどShowさんにとっては初めてですからね。
250ccのくせに4気筒。
なにしろエンジンが超高回転型なんですよね。
レッドゾーンが17000回転からですよ。
CBX250RSとはエンジン特性が全く違うのが分かります。
どういう乗り方をすればいいのか悩みます。



軽く空ぶかししたくらいではレブカウンターの針はちょいと動くだけです。
それでも4・5千回転は回ってますからね。

そんな訳でね。家にいるとタバコが欲しくなりますし、気分転換にこいつのアクセルを一捻りしてみようというわけです。

家から国道に出るまではおとなしく5千回転くらいでシフトアップして行きます。
この回転で走っても十分普通に乗れる訳です。
国道に出てから2速でビユウゥゥーーーンと引っ張るとなるほど鋭い加速をします。
それでもまだレッドゾーンには届きません。
赤い警告灯が点くんですね。
更に3速、4速、5速、6速ってあるんですからね。
流石にそこまではしませんけど。

ジェットヘルメットにサングラスという格好で出てきたことを後悔しました。フルフェイスじゃないとダメね。

涙がスーッと流れて後方に千切れていくのが分かりました。

でもね。今日はこのバイクに乗ってかっと飛ばしてみたかったんですね。
モーターのようなエンジン、回すとやっぱ速いですね。
でも普段どう乗るのがこのバイクにふさわしい乗り方なのかやっぱり分かりません。

バイク乗ってる間はタバコの事も忘れられていいね。






Category: モーターサイクル  

紅葉?

101111-2.jpg



木曜日のことです。

朝、目覚めたら見事な青空が広がっていました。
さわやか。

こんな日は絶好のバイク日和です。

そろそろ紅葉が見ごろかな、なんて思いまして近くの牛伏山に行ってみました。

ところがドッコイ紅葉なんてありません。
全然色付いてないのね。

折角来たので、お城のような展望台を写真に撮って見ました。
立体写真でね。
交差法で頑張ると立体に見えるよ。





101111-3.jpg







銅像もどうぞ


101111-1.jpg




綺麗な青空ですよね。



やっぱり紅葉を見てみたいと思いまして、今日は妙義山に行ってみました。
こちらは紅葉狩りの人で溢れていました。
でもね、紅葉はイマイチです。
なので、勝手に画像加工して赤くしてみました。
言わなきゃ解らないのにね。

またしても立体で、


101113-1.jpg





101113-2.jpg





101113-4.jpg





101113-5.jpg






どう。飛び出た?

Category: モーターサイクル  

メンテでばっちり

Showさんのバイクも購入から一年が経ちました。
早いものですね。

購入時はお不動様のバイクでしたがキャブレターのスロージェットとメインジェットの清掃で動くようになりました。
あと、ニードルバルブの清掃でオーバーフローも解決しました。

なのですが実は何を隠そう今までチョークがうまく機能しておりませんでした。
一生懸命セルを回しますが中々始動しない状態でした。
何処かまだ見落としている部分があることはわかっていましたが、キャブレターを外すのが面倒でしたのでそのまま放置しておりました。


ところが最近、気温の低下もあり尚のことエンジン始動が困難になってきました。
先日などついにセルを回しているうちにバッテリーが上がってしまいました。
これではいかんと、ついに重い腰をあげたのであります。

101101-1.jpg


キャブレターはガソリンタンクを外して、サイドカバーを外して、シートを外して、バッテリーケースをずらして、エアクリーナーを外して、リンケージを外してようやく知恵の輪のように取り外せます。
あちこち手作りですから厄介です。


101101-3.jpg


外れたキャブレター

右がプライマリー、左がセカンダリーです。
チョークですからプライマリーのどこかがその機構だと想像できます。
ワーゲンのようにバタフライで空気の量を減らして燃料を濃くするのではないんですね。


101101-2.jpg


よくよく観察してみたら、チョークを引いたときだけ矢印部分のパイプから燃料を吸い上げるのだということがわかりました。
ここが詰まっているに違いありません。

細い針金を使ってグリグリやったらいい感じに貫通したようです。

ということでまた元通り組み立ててエンジンを掛けてみると一発で掛かりました。
もっと早くやっておけばよかったにい。


気軽に乗れるはずの250ccなんですからエンジン始動でてこずってはいけませんね。




Category: モーターサイクル  

缶スプレー塗装

ガソリンタンクの塗装はダメダメでよろしくありませんでした。

tank1.jpg


tank2.jpg


塗装を剥がしたら案の定出てきました。

「CLUBMAN」のロゴはステッカーですが、その上から中途半端にパテを盛ってシルバーの缶スプレーで塗ってありました。

clubman.jpg



あちこち凹みがありますのでパテで補修です。

tank3.jpg



プラサフを塗ったところまではいい感じです。

tank5.jpg


tank4.jpg



いよいよ上塗りですが、黒いフレームのバイクならば、もっと色々と選択肢はありそうですが、赤いフレームのバイクでホンダ車となればタンクはシルバー以外考えられません。

さて、シルバーなどメタリック系は缶スプレーでの塗装は非常に難しいとされています。
確かにソリッド系と違いムラやタレだけ注意していればいいのとは違います。
それにプラスして塗料に混ざっている微小なアルミ片の向きまでを意識しないといけません。
これが立っているか寝ているかでムラではなくても光の反射が異なり部分的に明るく見えるところと暗く見えるところが出来てしまいます。

そうは言いましてもハッキリ言って缶スプレーでアルミ片の向きが揃うなんてのはまぐれでしかないような気がします。

また、もし途中で失敗したら修正出来ないということもあります。
途中でゴミや虫がついた場合取り除こうとするとアルミ片の向きが変わってしまいます。
乾燥後そこだけペーパーで擦ればアルミ片が削れて光の反射が変わってしまいます。


アルミ片の例

 aluminum1.jpg  aluminum2.jpg  aluminum3.jpg




newpaint1.jpg



ということで写真では判り難いですが、お約束のようにヘタッカスな仕上がりとなりました。
それでも缶スプレーはまぐれと言うならば、ましな方ですかね。

前よりかは断然綺麗になりましたが、自分としては40点位の出来でしょうか。

唯一救いはウレタンクリアがテロっと濡れたような感じに仕上がった事でしょうか。
透明しか上手に塗れなかったってことですね。

でもまあ、いいのさ。誰も別にじっくり見る人なんていないだろうから。


がっくし





このあと数日して塗膜が完全硬化したら磨いてみる予定です。








cbx.gif












1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。